万が一に備えて|地震を事前に予知しておくことで対策を万全にできる
地震予知GUIDE

地震予知GUIDE

地震予知サービスなどの事前対策と同じぐらい大切なこととは

避難所で生活することになったら

大きな地震が発声した場合、避難所への避難命令が発令されます。それに従い避難所に避難した場合、その他の避難者と避難所で共同生活を送ることになります。避難所で生活する上で皆が不安に感じている疑問点についてみていきましょう。

避難場所に関する疑問

どういった場所が避難所になりますか?

ほとんどの場合、学校や公民館などが避難所になることが多いようです。学校や公民館などは建物の作りが非常にしっかりしているので、大きな地震でも倒壊しないといった特徴があります。また、ある程度の広さがあり設備も充実しているので、最低限の生活環境を提供することができます。

避難場所のトイレはどうなっているのですか?

避難所になる場所としては学校や公民館が多いと説明しましたが、トイレについてもその施設のものを使用することが多いです。学校などはトイレの数が多いので、かなりの人数が非難してきても困ることはありません。また、基本的に自治体が追加で仮設トイレなどを準備してくれるので、トイレが足りないという事態になることはほとんどないでしょう。

食事は提供されますか?

大きな地震などの大災害が発生した場合、国から食料の支給が行われます。インスタント食品の提供やボランティアによる炊き出しなどが主になってきます。食料はトラブルの原因になってしまうことが多いものですので、しっかりとルールを守るようにしましょう。

万が一に備えて

地震計

地震保険とは

地震予知サービスへの加入など、地震が発生する前の対策も大切ですが、実際に地震の被害を被ってしまった場合の対策も大切です。地震の被害に対応するのであれば地震保険に加入するといいでしょう。地震保険とは、地震の発生にともなう建物の倒壊などの対して行われる保証です。地震が原因となっておきた噴火や津波なども対象になります。

火災保険との併用

地震保険は基本的に単体では契約できません。必ず火災保険と一緒に加入し、併用するような形になります。火災保険自体は単体で加入できますが、火災保険単体の場合、地震が原因となって発生した火災による被害については保証されません。地震による火災は地震保険でしかまかなわれないということですね。

加入者数の増加

日本は地震が起こりやすい国ということもあり、地震保険の加入者は元々多かったと言われています。ですが、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震の影響もあり、さらに年々加入者が増加してきているようです。今後も大規模な地震の発生が予想されているので、そういった事態に備えて加入しておくといいかもしれませんね。

広告募集中